ミセルディーラインジェル 効果

まぶた脂肪引締め効果のある美容成分を配合。

 

ただでさえ皮下脂肪が多めではれぼったい印象のまぶたは、子どもの頃からのコンプレックスでした。

 

 

しかも体質的に浮腫みやすいので、仕事のお付き合いで前夜に少しお酒を飲んだ程度で、翌朝は腫れ上がったようになるのでマスカラやビューラーなんかを使い分けて、アイシャドーを入れたりと時間と手間をかけて、ようやく人前にでることが出来る状態になる始末です。

 

 

だからといって普通のときは、奥二重なのでよく、「何か起こっているの?」といわれることも良くありました。

 

 

仕事柄、人前に出たりアポイントをとって話をつけたりする機会が多くあるので、何とか対策になるものはないかと色々探していたところ、ミセルディーラインジェルにたどり着きました。

 

 

就寝前にミセルディーラインジェルを塗ってから、翌朝仕上げるというのは他のアイテムにはない手間です。

 

 

この点は初めて使用しだした頃には、若干「面倒かも?」と思ったりもしていたものですが、わらにもすがる思いでとりあえず継続することにしました。

 

 

数日程度では変化を実感できませんでしたが、暫く継続していたある日のこと、朝鏡を前にすると二重の線がうっすらと出てきているのに気づきました。他の人から見ればほとんど分からない、ごく僅かの変化です。

 

 

しかし「ようやく効いてきた」と実感できたので、自信も付きさらに継続する励みにもなりました。

 

 

それからも続けていますが、今では確かに線が形作られてきていて、他人からすればただの線でしかありませんが、少し力を入れると二重になってくれるのは嬉しいところです。

 

 

学生のころから鏡の前には一重の自分を目にする毎日だったことを、思い返せばかなり変わったものと、しみじみ実感しています。

 

 

むくみやすく硬さすらもおぼえたほどのまぶたも、今では柔らかくなっているので、アイメイクも効果的に入れることが出来ます。

 

 

線のある部分に少し力をいれてラインを引くだけで、はっきり二重になるので、人に与える印象もかなり違うと思います。

 

 

久しぶりに話をする機会のあった学生時代の友達からは、「少し印象が違うね」と言われたのは、うれしい変化です。

 

 

ただしミセルディーラインジェルを使用するときに注意が必要なのは、必要な箇所にピンポイントで塗ることです。

 

 

早く二重になりたいと多めに塗っても変化が早く訪れるわけではないし、肌荒れになることも。幸い用法を順守すれば問題なくつかえたので問題はありません。

 

 

ミセルディーラインジェルのおかげで理想に近い目元に変化することを達成できて満足しています。